温泉の分類と効能

世界中に数え切れないくらいある温泉ですが、
どの温泉も入浴することによる効能は
それぞれ違ってきます。

この効能の違いは泉質の違いによって変わります。
湯に含まれる成分の含有量に応じて
大まかに分類をしたのが泉質です。

現在では9種類の掲示用泉質名を使用していますが、
それだけでは少々大雑把で、
温泉の複雑な成分を表示するには不十分なため、
新泉質名と旧泉質名を併記しているところも多いです。

温泉の実際の泉質は、成分の濃度によっても効能が違ってくるので、
同じ泉質名でも効能が同じになるわけではありません。

源泉からの距離や掛け流しなど温泉のスタイルによっても
変わってきますので、極端なことを言えば
源泉の数だけ成分の違う温泉が存在するといえるでしょう。

泉質名の分類はあくまで大まかなわけ方ですから、
参考程度に見ておくと良いでしょう。

新泉質名と旧泉質名以外の分類方法としては、

高温泉、低温泉など温度による分類や、
酸性、アルカリ性など水素イオン濃度による分類、
浸透圧による分類、刺激による分類などがあります。

こうやって見てみると、一言で温泉といっても
多種多様なものがあるのが分かりますね。
何気なく温泉に行っていた人も、
こういった点に注目して温泉に入ると
より楽しむことが出来るかもしれません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 湯治マニアが教える温泉情報 All Rights Reserved.